本文へスキップ

 アニマルコミュニケーション & ヒーリング *〜 プレシャス・ガーデン 〜*

tell  

アニマルカウンセリングAnimal Counseling

Precious Garden のアニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーションとは、その名の通り、動物と意思疎通を図る事です。

現在ではアニマルコミュニケーターも増え、手法も様々です。

Precious Gardenでは、主に オーラリーディング を元にしたカウンセリングを行っています。

オーラに現れる、感情や精神性、肉体の状態からその子の伝えたい事を読み取っていきます。


オーラリーディングについて

オーラって?

オーラとは、人間だけでなく、あるゆる生命が持つエネルギーフィールドです。
全ての生命は、虹のような、美しくカラフルなオーラを纏っています。

Precious Garden *〜プレシャス・ガーデン 〜* では、その中で主に、肉体層、感情層、精神層の3層、もしくは代表的な色を3つリーディングさせて頂き、伝えたい事、本来持っている才能などをお伝え致します。

3層のリーディングから分かる事

フルオーラリーディング

肉体層からは体の状態を、感情層からはどんな感情や思いを抱いているのか、精神層からはそのコの持つ才能・能力が読み取れます。

今世、何を目的として生まれてきたのか。
それは、人も動物も変わらず持って生まれてきています。
その計画の中で飼い主さんの元へ来て、日々、様々な体験をしています。

彼らの心の声を聞く前に、オーラを通して客観的にそのコの持つ才能や性質などを読み取らせて頂く事から私たちのアニマルコミュニケーションが始まります。

3点のリーディングから分かる事

3点リーディング

代表的な3つの色をリーディングさせて頂くこの手法では、主に、その子が最も強く抱いている感情、発揮させたい才能などが読み取れます。

例えばピンクを強く発している場合、

・飼い主さんの事を深く愛している
・もっと愛してほしい

といった意味合いが読み取れます。

ポジティブな意味合いが強い場合、ネガティブな意味合いが強い場合がありますが、どちらの意味合いも兼ね備えている事がほとんどです。

『ポジティブ = 良い』、『ネガティブ = 悪い』 ではありません。

ネガティブな意味合いが強い場合、本来の才能を発揮できていない状態ですので、どういった言葉や行動を望んでいるかをお伝えし、そのコが持つ才能を発揮出来るようアドバイスさせて頂きます。

アニマルカウンセリングを通して、彼らの素晴らしい愛情に是非触れてみて下さい。

亡くなったコのコミュニケーションとリーディング

Precious Gardenでは亡くなったコとのコミュニケーションも行っています。
基本的に 亡くなってから2年以内 とさせて頂いております。
※ 但し、ブログなどをお持ちの方は5年以内までお受け致します。
 URLを必ずお教え下さい(非公開にされている場合は、パスワードもお願い致します)。

JACAでは、犬・猫の場合、亡くなってから次に生まれ変わるまでの期間が7、8年と考えています。
(個体差などはあります)
それ以外の種においても、それぞれに大体の期間が定められています。

時が経てば、彼らはまた新たな命として生まれ変わる準備に入っていきます。
勿論、同じ魂を持って生まれ変わりますが、違う体験をする為に様々な計画を立て、違う個体として生まれ変わります。
生まれ変わる準備に入る前、準備が進む前までとさせて頂く事で、彼らの転生の妨げにならないようにしたいと考えています。

問診票について

問診票でお訊きする事

 ・ご家族構成
 ・同居動物の有無
 ・飼育環境 (住居形態等)
 ・お迎えした経緯
 ・病歴
 ・飼い主さんにとって、その子はどんな存在か

など個人情報に関わる事もお答え頂きます。
ご連絡を頂く際には、上記の事をご了承下さいませ。

尚、ブログ等をお持ちの方は出来る限りお知らせ下さい。

問診票は全て答えなければいけませんか?

出来る限り全ての項目にお答え下さい。

私たちが行うアニマルコミュニケーションは、あくまで動物さんとお話をする事が目的ではなく、飼い主さんと動物さんがより素晴らしい人生を歩んで頂く為のカウンセリングです。

動物さんのお名前や生年月日、性別、種族、種類などは、彼らが生まれる前に大切に立ててきた計画が反映されています。
生年月日が正確に分からない場合は推定で構いません。
動物病院等で判断して頂いた年齢や、お家に迎えた日から推定でご自身で決められた誕生日があればそちらをお書き下さい。
(我が家にも保護主さんから譲渡して頂き、推定月齢から自分たちで誕生日を決めたコがおります)

実名を記入しなければいけませんか?

問診票では、動物さんだけでなく、ご家族のお名前や年齢、ご住所などにもお答え頂く箇所がございます。
対面セッションをお申込み頂く場合は実名でお願いしております。
メールセッションの場合は、どうしても・・・・という場合、HNや息子、娘などの記載でも大丈夫です。
但し、お子さんの年齢や学年などは必ずお答え下さい。

例)息子1:中学1年生、娘:小学3年生、息子2:5才

お子さんがいらっしゃるご家庭の場合、お子さんとの関係性などに深く関わっている場合があります。
カウンセリングをする上で重要な情報になりますので、ご理解、ご協力をお願い致します。

住所を記入するのは何故ですか?

住居環境の確認の為、お答え頂いております。
どんな環境で暮らしているのか、というのは、そのコの性格や思いに必ず反映されています。
広いお家だから幸せとか、狭いから・お留守番やケージが長いから可哀相とか、そういった環境の良し悪しを判断する為のものではありません。
もし、飼い主さんがそう思っていたとしても、動物さんは全く違う事を思っている事もよくあります。
的確にカウンセリングを行う為にもご記入をお願い致します 。

リーディング用の写真について

写真はどういったものを用意すれば良いですか?

なるべく最近撮影されたもので、出来る限り全身がしっかり映ったものをお願いします。
横向きなどでお顔が分かり難い場合、別にお顔のよく分かる写真もお願いしています。
撮影が難しいコの場合はご相談下さい。
(但し、1枚もありませんという場合はリーディングが難しい為、お断りさせて頂きます)

亡くなったコの場合、亡くなった日に近いものが望ましいですが、こちらもご相談下さい。

写真例

◆ 1枚のみで大丈夫な例 ◆ (画像クリックで少し大きくなります)
 
全身、及び、お顔が正面に向いている場合、1枚のみで大丈夫です。
(右の写真は前肢の先が切れていますが、このくらいでしたらOKです)


◆ 2枚必要な例 ◆ (画像クリックで少し大きくなります)
 
左 ◆ 全身がしっかり写っていますが、顔がほとんど分からない例

 
左 ◆ 顔は写っているけれども、顔立ちや表情が分かり難い例

基本的に全身が写っていれば、ポーズは問いません。
なるべくつま先、尻尾の先まで写っている方が望ましいですが、ほんの少し切れている程度でしたら大丈夫です。

画像はあまり縮小せずお送り下さい。大きさはこちらで調整致します。


その他、ご質問などございましたら、お問合せフォーム  よりお気軽にお問い合わせ下さい。